カレンダー
前年 前月 2017年9月 次月 次年
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索

濃度算(混ぜたあとの液体の濃度)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 共有する

濃度10%、重さ200gの食塩水Aと、濃度12%、重さ300gの食塩水Bを混ぜたときにできる食塩水Cの濃度

食塩の量は、食塩水の重さ × 濃度 ÷ 100なので、

食塩水Aの食塩 = 200 × 10 ÷ 100 = 20g

食塩水Bの食塩 = 300 × 12 ÷ 100 = 36g

よって食塩水Cの食塩 = 食塩水Aの食塩 + 食塩水Bの食塩 = 20 + 36 = 56g

食塩水Cの重さは、200 + 300 = 500gなので、

食塩水Cの濃度は、食塩水Cの食塩 ÷ 食塩水Cの重さ × 100 = 56 ÷ 500 × 100

= 11.2%


答え:11.2%

濃度算の例

算数の文章題 濃度算算数の文章題 濃度算

電卓簡易電卓

結果を一時保存